『帰ってきたムッソリーニ』 日本の快進撃にヒトラームッソ

2021年3月10日 @ 5:53 PM

『帰ってきたムッソリーニ』 日本の快進撃にヒトラームッソ。ソ連崩壊で出たヴェノナ文書というソ連の機密文書から、真珠湾攻撃、日中戦争、ルーズベルトの背後にはソ連の工作員コミンテルンがいたことがわかっています。日本が真珠湾攻撃したことでアメリカが参戦できることになりました 日本の快進撃にヒトラームッソリーニは喜びましたが本心はアメリカに攻撃するなと思ってましたよね 余計な敵をふやしてしまいました https://youtu be/FJX41hPgw5M 太平洋戦争 ドキュメント番組 12月11日にはドイツイタリアへ宣戦布告 真珠湾攻撃されたルーズベルトは チャーチルにこれでみなおなじ船にのりましたといい アメリカの参戦を待ち望んでたチャーチルは喜んだとありますつまり 日本がアメリカ攻撃したせいで ドイツイタリアはアメリカと戦わなくてはならなくなったということです『帰ってきたムッソリーニ』。イタリアのムッソリーニは。ドイツのヒトラーに比べると正直。影が薄い。
そうした現実に警鐘を鳴らすイタリア映画『帰ってきたムッソリーニ』原題
英題 &#;一方。世紀の人々は。まさか本人とは思わず。当時
の軍服姿のそっくりさんだと思って笑い。自撮りをせがんでそうした映像が
意味するものが。今作の意味そのものだ」とミニエーロ監督は言った。

書評原体験を踏まえ“トランプ後”の世界を占う:マデレーン。米国初の女性国務長官を務めた著者は。ファシズムの脅威を肌で感じて度も亡命
した体験を持つ。今回の日本語版は新型コロナウイルスのパンデミック世界
的大流行のさなか。米大統領選挙を間近に控えた月に出版された。ドイツ
では年代に反ユダヤの偏狭な民族主義を掲げるヒトラー政権が誕生。
ナチズムと呼ばれた。や罠について本に書く」ことを決めていたが。共和党
候補のドナルド?トランプ氏が大方の予想を覆して当選を果たしたことで日本の快進撃にヒトラームッソリーニは喜びましたが本心はアメリカに攻撃するなと思ってましたよねの画像をすべて見る。「ムッソリーニ」について語るスレ。などと焦ってムッソリーニや国王に進言したのが一番の原因であり。
ムッソリーニが積極的に主導して英仏との戦争を始めたわけではない。と言っ
ても。対フランス戦で見せたドイツ軍の奇跡のような快進撃を見れば。騙される
のも無理は無いわけだが。の持つ新聞に週一度の国際情勢分析の論文を英語で
寄稿していたこれがアメリカでのムッソリーニ人気に大きな影響を与えていた
そのしかし。独裁政治ファシズム。社会主義。開発独裁は最初期は良くても
必ず腐敗する。

ソ連崩壊で出たヴェノナ文書というソ連の機密文書から、真珠湾攻撃、日中戦争、ルーズベルトの背後にはソ連の工作員コミンテルンがいたことがわかっています。日本でもゾルゲ事件や、近衛上奏文にも軍部に蔓延る共産主義者によって日本の敗戦は必至だと書かれていました。ドイツは本当はソ連を日本と挟み撃ちにしたかったでしょうがそれを阻止する為に事前にソ連は日ソ不可侵条約を結んでいます。アメリカはイギリスを武器貸与法で援助していたのだからドイツとアメリカは真珠湾攻撃の前から間接的に対峙していたのではないのでしょうか?結局、ソ連が一番毒悪でしたたかです。12月11日の宣戦布告はドイツイタリア側から行われているのですが。★日本が真珠湾攻撃した理由は日本がする気が無くとも★メリカが開戦する気だと気付いたからですルーズベルト大統領は世界恐慌の到来で、 傾きかけたアメリカ経済を立て直す為に日本との戦争を皮切りにヨーロッパ戦線に参加して、1500万人の失業者たちを兵器工場や農場の労働者として雇って解消したかったし、また第一次世界大戦の時みたいに作った食べ物や武器弾薬を同盟国に売って儲けたかった狙いがあったのです●その為にアメリカは中国大陸で軍隊同士ではなく、●戦闘に無関係な民間人を襲うなどの●テロ行為をくり返していた中国軍に対して援助していたのです満州事変は20年以上も中国軍のテロ行為で日本民間人が1000人以上も殺害されたから起きた事ですし、 日中戦争は日本民間人が2万以上いた上海を中国軍が3万の兵で取り囲んで攻撃したから起った戦争です南進は長引く日中戦争で資源を消耗したから資源獲得の為と言うのもありましたが、アメリカ等の欧米が南アジアを介して そんなテロ行為をくり返していた中国軍に対して援助していたから その支援ルート遮断のために行った事です●それで自分達のやった事を棚上げして●日本の事を「侵略行為っ!」と批判して●70%以上頼っていた鉄類と石油を止められたら●アメリカは日本と戦争したがっているなんて●馬鹿でも解る事です だいたいアメリカって金儲けの為に戦争する国っていうのは当時から解っていた事ですからね第一次世界大戦で同盟国に武器とか食べ物を堂々と売りつける為に ドイツが無警告攻撃していた海域にワザと自国の船を差し向けて、 それで沈めさせたのを理由に大戦に参加したような国ですからね金儲けの為なら自作自演で平然と国民を犠牲にして戦争する国というのが当時から解っていたのです史実、戦後のベトナム戦争などもそうでしたから…●日本にする気が無くとも、アメリカが戦争する気だとしたら●戦争回避なんて無理です●適当に自作自演で起こした事件を日本のせいにして●開戦すればいいだけの話ですからね 開戦初期から資源も人口も科学技術力も生産力も日本より圧倒的に上のアメリカが戦争の主導権を握ってしまえば日本にはまっったく勝ち目がありませんだから「「「どうせ戦争になるのならばと…」」」ハワイに集結していた米艦隊を先制攻撃で沈めて、それでアメリカが艦隊を建て直している間に南アジアにある中国軍に対しての支援ルートを遮断それと同時に油田地帯を占領し、資源を確保迅速に中国軍との戦争を終わらせて、体制を整え日本本土と満州と朝鮮半島と台湾と南アジアの国々を結ぶ国防圏を完成させようとしたのですどこが質問か今ひとつ良くわかりませんが…官報にのり、新聞でも広く報道されたつまり、米国政府も英国政府も当然にして知っていた日独伊同盟の条文には、第三條 日本國、獨逸國及伊太利國ハ前記ノ方針ニ基ク努力ニ付相互ニ協力スヘキコトヲ約ス更ニ三締約國中何レカノ一國カ現ニ歐洲戰爭又ハ日支紛爭ニ參入シ居ラサル一國ニ依テ攻撃セラレタルトキハ三國ハ有ラユル政治的、經濟的及軍事的方法ニ依リ相互ニ援助スヘキコトヲ約スとあります。日独伊三国が、『有ラユル政治的、經濟的及軍事的方法ニ依リ相互ニ援助』する事を約束したのは、『三締約國中何レカノ一國カ現ニ歐洲戰爭又ハ日支紛爭ニ參入シ居ラサル一國ニ依テ攻撃セラレタル』時です。三国同盟締結時に、日本政府が、実際には、将来の対英限定戦争を《一応の》国策として内部決定しており、対英限定戦争を可能にする為、つまり米国に介入させない為に三国同盟を結んだのですが、対外的には『三国同盟は防衛的なものである』と主張したのも、これが根拠です。真珠湾攻撃は、米国が日本に攻撃セラレタのであって、日本が米国に攻撃セラレタのではありませんから、ドイツとイタリアには参戦義務はありません。ドイツは何故参戦したのか、ヒトラーが殆ど一人で決断した気配が濃厚で、何故ヒトラーは参戦を決断したのか、と言うのは、研究者の中でも『大きな謎』と言うか『議論の分かれる点』です。ムソリーニはドイツにお付き合いしたのだとしても、ヒトラーが本音では米国と戦争したくなかったら、参戦していたはずがないです。つまり、日本の真珠湾攻撃で『ドイツイタリアはアメリカと戦わなくてはならなくなった』ということは、決してありません。これ、ネットの一部の人やその元ネタを創作して生活している人達を除くと、わりと基本知識ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です