なぜ市販車は 性能的にはもっと出るけど法律道路交通法など

2021年3月28日 @ 2:26 AM

なぜ市販車は 性能的にはもっと出るけど法律道路交通法など。原付自体の性能。原付免許を取ろうとして勉強しているのですが、 問題集に時速30kmしか出ないと言うものが出てきのですが、本当ですか 原付自体の性能で本当に30kmしか出ないのか、 性能的にはもっと出るけど、法律、道路交通法などで30kmまでしか出しちゃ行けないのか、 を知りたいです ちなみに、購入しようと思っているのはアドレスのv50です なぜ市販車は。特に標識など指定がない限り。自動車の法定速度は一般道路で/緊急車両は
/。高速道路法定速度というものが決まっていて。それ以上の速度を
出してはいけないというのなら。最初からそれ以上の速度がなのですが。市販
車が出せる速度は。ほぼスピードリミッター速度抑制装置が働くまでになってい
ます。各メーカーでは。緊急時の危険回避の可能性などを踏まえ。法定速度
以上の性能を商品に与えているようです中古車一覧をもっと見る

[Q]高速道路は100km/hで走行すればよいのですか。高速道路を走行する際に注意したいのが。制限速度です。一般によく知られて
いる。普通乗用車は最高速度/。最低速度/というルールは。
あくまでも高速自動車国道の本線車道で。速度指定のない区間に限ったものです
。“原付の30km/h制限”。クルマの運転中に。/で走るの原付第一種原付自転車を追い越し
たくても追い越せない。そんな経験はありませんか? 特に片側車線の幹線道路
で追い越しをするときは気を使いますよね。また原付を通勤や交通の方法に関する教則。道路交通法昭和三十五年法律第百五号第百八条の規定に基づき。交通の方法
に関する教則昭和四十七年国家公安委員会第4節 道路でしてはいけないこと
などほかの人々が安全に通行できるように配慮することは。運転者や歩行者
としての社会的責任でもあります。 車からたばこの吸い殻。紙くず。
空きかんなどを投げ捨てたり。体や物を外に出したりすること。また。狭い
道路から広い道路に出るときは。特に危険ですから一時停止をして安全を確かめ
ましよう。

実感。まぁ。なにを運転しようと気を抜いてはいけないんだろうけど。クルマの免許で
気軽に乗ることができる…これら原付種の足かせ。すべては原付種が。“
動力性能的に他の交通の流れに乗れない”ことを根拠としてにはないちょっと
モンキーだけは車体構成的に/ぐらいの走行が妥当だと思うけど。すでに
生産終了だしね。そうすればいかに原付種をとりまく法律がバカバカしく
て危険なことなのかを身をもって実感してもらえると思うんだけど。法定速度の最高速度違反?最低速度違反。しかし。道路交通法ではスピード違反は最高速度の他。最低速度に関しても違反
規定があります。スピードを出しすぎるのはもちろんですが。スピードを出さ
ないというのも違反になるのです。ここでは法定速度違反の「最高速度違反」と

道路交通法に定められた「法定最高速度」を超えた制限速度アップ。道路交通法施行で定められた「法定最高速度」として。ほとんどの
ドライバーは認識済みだ。確かにドライバーにとっては嬉しいできごとだが。
それにしても。法律で決まっていることを。警察の一存で。つまり自動車は。
国内の一般道路では/。高速道路では/までしか出しちゃいけない
ことになっているが。ただし。原付や牽引車などは。指定速度が法定速度を
超える場合であっても。法定速度原付は/を守らなければならない。

原付自体の性能!!性能的にはもっと出る。法律、道路交通法で、30kmまでしか、出してはいけません。法律が古すぎる。笑い笑いますが、法律は権力です従いましょう。大昔『昭和20年ごろ、日本国が戦争に負け、何もない時代に、普通の自転車にエンジンを取り付け、ガタガタ道を走った時代も、原付は時速30Km /hでした。『当時は時速30Km でも危険を感じた。』今の原付は、昭和28年当時の125CC バイクより性能的に勝っています事実『しかし、速度は30Km まで』これが、交通法規です法は国家権力原付に限らず、どの車両でも法定速度以上スピードが出ます。なぜなら平坦な道で30キロしか出なかったら、坂道を登る時15キロぐらいしか出ません。坂道でも30キロ出せる出力が必要なので、必然的に平坦な道では30キロ以上のスピードが出せることになります。性能的には、ほとんどの原付スクーターは60km/hは出ます。それ以上出ますがリミッターで制御され60km/h以下となります。しかし他の方がおっしゃる通り原付の法定速度は30km/hまで 道路交通法に従って走行してくださいね!二段階右折や第一通行帯の左側走行など原付ならではの道路交通法があるので気を付けてください。出ないのではなく、出せない、では?学科のみで、運転試験の無い簡単に乗れる原付だからこその、性能を発揮できない最高速度制限があります。実技もあるよ?と言われそうだけど、原付免許取得の際に課せられる試験は学科知識の試験のみです。実技は講習であって、受講した事情があればいいだけの、合否には関係しないものです。始まりの原動機付き自転車が、本当に30も出ればいい性能しかなかったための数値ではありますが。今の原付なら、性能が高くは無いものでも、50は出るでしょうけど、ひと目で原付の分かる車両が、周りと同じ速度で走ってる時点で速度違反確定なんで、見つかりやすく捕まえ易いので注意が必要です。30km/h以上出るのでその問題の答えは×ということだと思います。交通規則を守りましょうということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です