ベーシック?インカムと表現: 昔ながら日本は『働かざる者

2021年3月10日 @ 5:34 PM

ベーシック?インカムと表現: 昔ながら日本は『働かざる者。安楽死は認めても自殺を認めてる国は世界のどこを探しても無いですよ笑安楽死と自殺を同じに考えるような安い理屈だからなぜ自殺はいけないのかという事もその程度にしか考えられないんです考え方が幼いから自殺する人のことしか考えられないのでしょうそしてその解決策も見つけられないから死んでも仕方ないなどという事を恥ずかしくもなく言うんです世間の言い分が解らないのはあなたの考えが足りないからでしょう解らないから間違っていて解るから正しいという事がどれだけ恥ずかしい理屈かは知っておいた方が良いですどっかの誰かが自殺したって、世間は「ふーん」ですよ。なぜ自殺はいけないのですか 悲しむ人や迷惑をかける人がいるから では、周りに人がいなければ自殺しても良いと思います 自殺した人は自殺したくてしてるのにそれをダメという世間の言い分が分かりません その自殺した人の思いを尊重せず自分の勝手な思いだけを自殺した人に向けて言ってるのがムカつきます 自殺した人の死や決断を尊重するべきだと思います 昔ながら日本は『働かざる者食うべからず』の精神で生きてきたので死ぬなんて事考えないで働けという思いがあるのも分かります、ですが、それも昔ながらの考えを今の時代までズルズル引きずっているだけだと思います 外国では安楽死も許可されている国もあります 日本は、自殺はダメという固定概念に囚われすぎていると思いませんか 「働かざるもの食うべからず」の時代は終わった。日本では母子家庭の貧困リスクは普通の何倍も高いんですよね.働かざる者
食うべからず」なんてことわざがあるように,昔から労働は人間の生活にとって
重要な行為に仮に彼らが労働をしていないとするならば,「働かずとも生きて
いける」ことになりますね.すなわち,我々は改めて「働く意味」を考え
なければならない時代を迎えた.働けば生きられる」,「働かなければ死ぬ」
というような奴隷は「働いても死ぬ」状況下でもあったのでしょうが…

NEW。船橋市海神駅徒歩分にある精神科?内科の佐瀬医院です。最近。この言葉が
本当に嫌いになってきたのでちょっとお話しします。 「働かまさかと思います
が。潜在的にそう思っている人はたくさんいます。働けなくなって生きてる
ことは。もはや皆の迷惑でしかないと思っているからです。金も稼いでない
くせに」なんてなじられることも多々あります。我々から見て。働けるのに
働かないように見える輩は社会的一員としてみなさない」という考えは。コーヒーブレイク:「働かざる者食うべからず」は呪いの言葉。単に食料確保の必要が生じたので「行動」したというだけである。 やりたく
なかったら。ひもじくても我慢すればいい。義務ではない。 ちなみに。戦前の
憲法大日本帝国

障害者手帳をもつ私は「死んでもいい命」。他者との意思疎通が難しいとされている人。働けずにいる人は本当に不要な存在
なのだろうか?不安な日本を襲う。「優生思想」について少し考えていこうと
思う。働かざる者。食うべからず」の日本は生きにくい。古山明男さん講演録「ベーシック?インカムのある社会」第1部。はじめに; ベーシック?インカムのある社会; ベーシック?インカムの必然性 「
働かざるもの食うべからず」か?今の社会状況今の経済規模。まぁ実現可能性
ということからすると。当面こんなものだろうと思います。健康で文化的な
生活なんてのは無理だと思います。ちょっと考えて。ベーシック?インカムが
できたら仕事が苦痛だからやめる人が数万人くらい。そんなことはない。
労働というのは人の営みそのものでして。賢いことも愚かなこともするものです

「働かざるもの食うべからず」の嘘。電通の過労死自殺をきっかけに。日本の長時間労働がいよいよ問題になってい
ます。とはいえ。働くことこそ生きること。なんでもいいから仕事を探せという
風潮は根強く。息苦しさを感じ続けている人も多いのではないでしょうか。
どうしても。まずはその解決を図ろうとし。それさえ解決すれば幸せになるの
ではないかと考えてしまうものです。私たちに「生きる意味」を与えることが
できなくなってきたことを示しているのではないかと考えられるのです。「働かざる者食うべからず」というクソ真面目な考えはもうすぐ。成人はすべからく働くべきであり。働かない者は飢え死にしても仕方ないという
考えを持つ人が比較的多い日本社会それに加えて。容疑者が「役に立たない
人間はいらない」といった一種の優生思想を抱いていることもまた大きな衝撃を
与えた。あれは僕。ある意味で分かるんですよ」『文學界 月号』文藝春秋
と理解を示したし。容疑者の犯行やその思想を支持働かざる者食うべからず
」という新約聖書の言葉は。今やキリスト教圏の国よりも日本でこそ浸透して
いる。

「働かざる者食うべからず」は社会を良くするか。夏。アリが冬に備えてせっせと働く傍らで。キリギリスは陽気にバイオリンを
弾いたり歌ったりして過ごしている。新約聖書にも「働かざる者食うべからず
」という一節があり。今も昔も。世界中でこうした考え方に共感する人はに低
賃金で条件の悪い職に就くことを余儀なくされたり。実際には就労が難しい状態
であるにもかかわらず受給が近年。働き方はますます多様化し。個々人が働く
時間や場所。労働時間を比較的柔軟に選べるようになってきている。ベーシック?インカムと表現:。最初はウエルカムな感じで話を始めるのですが。だんだんみなさん目が
釣りあがってきて。あれれ?となっていくのです。 そこで。こうした社会民主
主義者といわれる方たちが共通に抱いている価値観について考えてみます。 一つ
は賃その寄って立つところはいろいろあると思います。 人間が自然にまた
。賃労働以外で人間が生活できたら。労働組合の存立基盤が無くなってしまう
じゃないかと。率直に働かざる者。食うべからず」という考え方が強いという
ことでしょうか。

安楽死は認めても自殺を認めてる国は世界のどこを探しても無いですよ笑安楽死と自殺を同じに考えるような安い理屈だからなぜ自殺はいけないのかという事もその程度にしか考えられないんです考え方が幼いから自殺する人のことしか考えられないのでしょうそしてその解決策も見つけられないから死んでも仕方ないなどという事を恥ずかしくもなく言うんです世間の言い分が解らないのはあなたの考えが足りないからでしょう解らないから間違っていて解るから正しいという事がどれだけ恥ずかしい理屈かは知っておいた方が良いですどっかの誰かが自殺したって、世間は「ふーん」ですよ。自分に関係が無ければ「ダメ!絶対!」なんて思いませんよ。固定観念に縛られてるのは、むしろあなたの方かもしれませんね。たいしたメンタルケアとかもしないのに自殺はダメとかだけ言ってくる社会嫌ですよね尊い命とか言うならちゃんとそれ守ろうとしろよって思います大半のそういうこと言う人は言うだけで満足してるんじゃないでしょうかね自殺が良いものとは言わないけど死にたい気持ちの尊重やそこからどう生きたいと思わせられるかという問題は人間社会とくに自殺大国日本の課題ですねいのちを大切にしましょう、ということではないでしょうか。生きる権利と死ぬ権利はあると思いますあとは死に方で誰にも迷惑のかからない方法ならアリだと思います。しかし捜索願いや遺体の処理など結局誰かしらに迷惑をかけてしまうのが現状ですそれらが払拭出来たなら善いかと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です