ユダヤ人論考 ドイツ人は歴史の学習で我々ドイツ人は罪のな

2021年3月10日 @ 3:53 PM

ユダヤ人論考 ドイツ人は歴史の学習で我々ドイツ人は罪のな。ドイツと日本の大きな違いは、戦後です。シンドラーのリストや縞模様のパジャマの少年というユダヤ人虐殺の映画を観ました 今日や近年、ドイツの学生は日本でいう自国の歴史文学をどのように学習するのか気になりました ドイツ人は歴史の学習で「我々ドイツ人は罪のないユダヤ人を虐殺した」「住居や財産を奪い殺戮した」と学習するのでしょうか またそれを教えられた子供たちはどのようなことを考えるのでしょうか ナチス時代の被害者:。これは数百万人の罪のない市民に対する計画的な大量殺戮でした。ドイツ軍と
その協力者は。自分たちの支配化にあるヨーロッパの地域内で執拗にユダヤ人を
駆り出して殺害しました。人種的イデオロギーを考案するにあたり。ヒトラー
とナチスは世紀後半のドイツ社会ダーウィン主義の理念を利用しました。
ナチスは。優性なドイツ民族がスラブ人やアジア民族ソ連の中央アジアの人々
やコーカサス地方のイスラム教徒など。彼らが本質的に劣性と判断した従属
民族を

ナチスドイツにいた黒人たち。ナチス時代の~年。ドイツには何千人ものアフリカ系ドイツ人がいたが
。その苦難はこれまでほとんど語映画の下調べをする中で。こうした様々な
反応が返ってきたと。アサンテ監督はに話した。歴史家のロビー?
エイトケン氏によると。アフリカ移民は年に始まった第次世界大戦を境に
。ドイツに定住するようになる。いざ政権を握ると。ユダヤ人と人種的純血に
こだわるナチスの妄執が次第に。ホロコースト強制収容所へと至り。〈論文〉第二次世界大戦とホロコーストの記憶。地域統合がすすめられてきたヨーロッパでは。いまだ紛糾する議論を抱えながら
も。一定の共通 した本稿では。ナチ?ドイツやホロコーストの歴史を伝える
教育が。戦後ドイツを取り巻く政治語られてきた歴史観を見直し公的謝罪や
補償を行い。公教育またその他学習の場で次世代にそのこと伝える教育的
メッセージや方法は。時代によりまた国?地域により一様ではない。軍事的
攻撃や人道に対する罪を問うもので。ユダヤ人をはじめとした人々の計画的?
組織的虐殺に対

ホロコーストQ。第二次世界大戦のとき。ナチ?ドイツおよび占領下のヨーロッパで。「ユダヤ人
」という理由で約万人の人々が殺されました。国連は。国や民族の枠を
超えてすべての人びとがホロコーストの歴史から人間の差別や偏見。憎しみの
恐ろしさを学ばなければそれを認めないユダヤ人は。「キリストを十字架
にかけて殺した罪びと」のレッテルをはられた。報道の場からも締め出され
ます。月には。ユダヤ人やその他の「好ましくない」とされた作家らの本が
燃やされました。ユダヤ人論考。其の為。イスラエル?パレスチナ問題を議論するとき。当たり障りのない常識論
と極端な感情論とに二極化される傾向があります。ユダヤ人というものを
一枚岩のような民族集団として扱っていては。歴史の真相に迫れないと思います
。アシュケナジムとは元々はドイツ東中部に住んでいたイディッシュ語崩れ
ドイツ語を話すユダヤ人を意味したが。のちに此の虐殺では。
フメリニツキーがやった以上にハザール系ユダヤ人虐殺が行なわれ。しかも。
ロシア正教会が反ユダヤ

ドイツと日本の大きな違いは、戦後です。ドイツ人の第二次大戦終局の歴史的解釈は、敗戦でも終戦でもなく、ナチスドイツ第三帝国の滅亡です。ヒトラー総統を含めて帝国の指導者は全員自殺して国は破壊され分断され多くの国土を失いました。全てナチスドイツの所為でした。強制収容所は小中学校の遠足で行きますし、アンネフランクをはじめ多くのホロコーストの本が出版され学校でも読まれています。政府は、この悪の所業を行ったナチスドイツを許さないとし、ドイツ国籍を剥奪されKZへ送られたユダヤ人に謝罪を続けています。しかし一方で、ナチスドイツと現在のドイツとの分離を明確にしています。つい先ごろのニュースで、ポーランドが戦時中の被害に対する賠償金を請求して、きっぱり断わられました。合意した賠償は戦後処理期間に済んでいるとひと蹴りでした。長い戦後処理期間は、滅亡した国でも新たな自立国家でもなく連合国に占領分断統治されていました。前の国家の歴史、その行動の責任を、新たな国家が負う義務はどこの国も持たない、という考えがあります。戦後、日本は滅びませんでした。同じ昭和天皇を立て、新しい憲法に改正しただけです。一方で、滅亡、これはドイツの国民に大きなイデオロギーの違いを生みました。現代のドイツの子どもたちは、75年前に滅んだ国を祖国だとは思っていません。アレは過去の別の国の話。日本で言えば明治大正昭和初期生まれの人々にとっての江戸徳川幕府の時代の感覚ですから、怒りを持って冷酷残忍なナチスを嫌っている人々がいるの同時に、ナチスに憧れるネオナチ極右の人々も出てくるのです。皮肉なことに、戦後にファシズムを徹底的に否定追放した旧東ドイツ側でネオナチ極右が多く、人手不足で戦後もファシストだった役人や政治家をそのままにした旧西ドイツには左翼が多くいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です