分限帳とはどんなもの 私の先祖についてなのですがずっと江

2021年3月10日 @ 3:29 PM

分限帳とはどんなもの 私の先祖についてなのですがずっと江。藩の石高によって違うから、なんとも言えません。私の先祖についてなのですが、ずっと江戸時代は無禄の取り立て郷士であると聞いていたのですが、藩の分限帳や家の文書を調べてみると郷士になる前は藩に仕える身分で、石高が10石だったとわかり ました
おそらく下級武士であろうということは想像できるのですが、これは正式な藩士(足軽ではなく、士分)なのでしょうか 10石では足軽に準じる階級なのではないかとも思っています

分限帳に書いてある家格は「小役人」、役職は「勘定人」でした この小役人の次のページに同じく小役人の家格に位置付けられている「御料理人」や「茶道指南」の人の名前が書いてあり、そのまた次のページに家格「足軽」の人たちの名前が書いてありました 足軽の家格の人のなかには名字のないひともいました また、分限帳全体を見たところ、おおむね家格順に並んでいましたが、なかには15石の次のページに150石が載っているなどの例外もありました 分限帳とはどんなもの。この分限帳は。江戸時代を迎えて。どの藩においても正式に整備されるように
なります。具体的に分限帳に記載されていた内容は以下の通りです。 家臣として
召し抱えている全ての武士の身分や格式; 藩

郷士の定義についての一?試案。家や既に滅びてしまった戦国大名まで,ありとあらゆる権威に自らの存在を結びつ
けようとこれはおそらく郷士という用語が学術用語としての明確な定義づけが
できていなある定義は郷士を武士であるとし。別の定義では庶民をも含む概念
二陪臣にして在郷している者,三大庄屋などの上層農民で苗字帯刀御免など武士
並江戸時代中期以降,各地で献金による郷士の取り立てが増えるが,彼らは
すでに③に関しては。正式の家臣団名簿分限帳などとは別に郷士を管轄する
役所に岸本良信公式ホームページ。Q 先祖は武士だと聞いています。呼び名は名簿が作られた目的によって変化し
ますが。分限帳ぶげんちょうと呼ばれているものが多く残っています。明治
19年式の除籍に記載されているご先祖の名前を見つけるためには。江戸末期
から明治初期のものを見るとよいでしょう。通称は日常生活で使用し。実名は
墓石や系図にのみ記されるのが一般的です。江戸末期から明治初期の分限帳は
通称しか記載されていないため。西郷や大久保のように江戸時代に使っていた
通称を廃

江戸時代諸藩の家臣団についてお試し版。なにしろ軍役規定と言うのがあって大名は石高に応じた兵力を幕府からの命令に
応じて動員しなくてはならないのだ。 まあ。軍役規定は徳川幕府成立前からあっ
たんだけど制度としては緩やかなもんだったし。各戦国大名や時代に応じて百石
これが徳川幕府になると百石につき約2人と人数は少なくなるんだけど。規定
は凄まじく細かくなったのである。おまけに47人のうち11人は部屋住
家臣の家族であり直接の臣下ではないなどの無禄者なので。家臣での参加は
36名と「わたしの家系図物語」第二講~エピローグ物語パート。父に聞いてみると。「先祖が東北とは聞いてたけど。詳しくは知らない」と の
こと。「6代前 葛西〇之 助」の前も同じ名前に見えるので。7代前も「〇之
助」なのかな。 この戸籍を発行して亡父」とあるのは。この戸籍ができたとき
に。戸主?松之助の父はすでに死んでいたということ です。また。徳島県では
『棟附帳 』といった。江戸時代の庶民 の系図が残されている地域もあるという。

先祖?家系調査の手順。手順についても資料についても。あくまで一例ですので。ここで示したものが
正しい調べ方というわけではありません。 また。扱う史料が場合によっては江戸
時代にさかのぼるため。くずし字で書かれた史江戸時代に肥後国に居住してい
たことが判っている場合。加藤家?細川家?相良②細川家 細川家臣の所属は
本家である熊本藩と分家の宇土支藩?高瀬支藩の3つに大別 されます。 また。
細川右京家や熊本県公文類纂8-5「高瀬藩士代禄帳」の翻刻が収録されてい
ます。

藩の石高によって違うから、なんとも言えません。 小藩だと20石で下級藩士、50石で中級、100石超で騎士の上級、家老で500石なんてとこもザラです。こういう藩は足軽なんかだと2石とか、給金みたいなこともあります。 小役人なら足軽ではないでしょうね。 大藩だと1000石で中級藩士なんてとこもありますから、持つべきものは金持ち殿様です。さて10石の郷士である場合、色んなパターンがありますから、150石の武士より家格が高いこともあり得ます。ましてや小役人の役職だった場合。 郷士の場合は戦国時代に滅亡した大名の重臣レベルが土着し、地元民への影響力を怖れた江戸時代の新領主に懐柔策として10石なんて下級武士で召抱えられていても、旧領地で江戸時代にありながら豪族さながらの影響力を発揮して15石以外に1000石単位の収入があった可能性があります。小役人として名目上、在郷で世襲代官をやってたとか、番所担当だったとか。元々居座っていた旧領地に名目上だけ藩から派遣されたことにした小役人の在郷藩士が実は旧領主重臣で大地主とか、郷士の中でよくあるパターンです。こう言った範囲はいかにも日本的にナアナアの事なかれ主義でなかなか公文書には残らないことがあります。今も昔も変わりません。あまり公にしたくないことは「資料が無いのでわかりません」と言うのが、良い答弁なんです。大名側としても譜代家臣の手前、あんまり外様家臣が良い生活してるのでは不満が溜まりますから10石の下級武士扱いしてるだけで腫れ物に触れるような存在の郷士なんて山ほどいたわけです。農民を扇動されて一揆なんて起こされたら統治能力を疑われて改易になることもありましたから。郷士に関しては地域にもよりますが石高だけで城下士との階級を比べるのがなかなか難しいこともあり、それぞれのケースを研究する必要があります。藩により違う。無禄の取り立て郷士なら臨時雇の足軽か奴の事。取立てられたら禄付く。文面では10石の禄持つ郷士から町人になり、臨時雇で足軽か奴になった事になる。足軽?奴も士分、町人、職務中のみ士分と色々。明治になって卒の身分作ってる。足軽に準じる士格は土佐藩の郷士株売った後。岩崎弥太郎。ぐらい。字限帳も結構いい加減。給与台帳にもなるが家単位。家長以外は結構不明。坂本龍馬も脱藩斜面状とか海援隊長任命書には坂本龍馬事才谷楳太郎とあり、字限帳や士分帳には載っていない。郷士坂本家あるが、才谷は元の本家の屋号。龍馬?直柔?直陰の武士は記録にない。兄は通称で載ってる。郷士。数百人が調べてる。郷士ついて 広い意味では まずコチラを参照くださいこちは土佐藩の郷士について薩摩藩の郷士家老与かろうぐみ 城下士じょうかし の下部組織である外城士とじょうし の組織の一員であり与力:役所付き役人郷士 : 徒士 : 足軽 など 半農半士の身分にあたります仙台藩の郷士組士に分類される 郷士 : 徒士 : 足軽 など15石の次のページに150石が載っているなどの記述からすると150石は:与力15石は:郷士:徒士:足軽 という分類にあたるのではと想像します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です