在特会元幹部 在特会による京都の朝鮮学校へのヘイトスピー

2021年3月10日 @ 2:22 PM

在特会元幹部 在特会による京都の朝鮮学校へのヘイトスピー。国の無責任さの表れです。在特会による京都の朝鮮学校へのヘイトスピーチ事件が控訴棄却され二審も有罪になったことについてどう思いますか 在特会の元幹部。京都朝鮮第一初級学校跡京都市南区近くの公園でヘイトスピーチをした
として名誉毀損きそん罪に問われた「在日特権を許さない市民の会」在特
会元京都支部長の西村斉ひとし被告の控訴審判決…長井秀典裁判
長は。罰金万円とした昨年月の一審?京都地裁判決を支持し。被告側の控訴
を棄却した。ですね。日本人拉致した。国際指名手配されております」などと
拡声機で発言し。学校を運営していた京都朝鮮学園の名誉を傷つけた。在日特権を許さない市民の会。概要「在日特権を許さない市民の会」の公式サイトによると。日本国内に居住
する在日韓国?朝鮮人が特別永住資格や様々な経済的便宜などの
ジャーナリストの安田浩一は保守系市民団体と形容しつつ。「在特会の主張する
在日特権は。非難だ」と批判した。会員が起こした事件を会長が犯罪を讃え
たため。乱暴な会員がより評価されるようになった。議員によって反応は
まちまちで有田芳生のように演説の内容を変更し。在特会やヘイトスピーチ批判
をしだすこともある。

現代日本における反レイシズム運動。この報告書は。明戸隆浩。曺慶鎬。清原悠。富永京子の4名による。現代日本の
反レイ シズム運動ったものである下敷きとなった研究報告については。各
章の末尾に「付記」として示し ている。年の在特会設立以降の反
レイシズム運動の展開を。 年前後と 年2月以降という2 ズム
運動において。無償化除外をはじめとする朝鮮学校の問題がどのように課題化
されてと同時にレイシストに対して怒りを表明することも重視し。ヘイト
スピーチ以外の問題をヘイトスピーチ。ヘイトスピーチと呼ばれる差別的発言の街宣活動で授業を妨害されたとして。
学校法人京都朝鮮学園京都市が「の会」在特会などを訴えた訴訟の
上告審で。最高裁第小法廷山崎敏充裁判長は日までに。在特会側の上告
学校の半径メートル以内での街宣活動の禁止と。約万円の損害賠償を
命じた一。二審判決が確定した。判決などによると。在特会は「在日問題を
広く一般に提起し。いわゆる在日特権をなくすこと」を目的とする団体。

在特会元幹部。ヘイトスピーチで学校法人「京都朝鮮学園」京都市の名誉を傷つけたとして
。名誉毀損きそん罪に問在特会」元幹部。西村斉被告52
について。最高裁第3小法廷林景一裁判長は被告側の上告を棄却する決定を
した。14日付。一。二審判決によると。西村被告は2017年4月。京都市
の公園で拡声器を用い。かつて学園が運営していた京都朝鮮第一初級学校
について「この朝鮮学校の校長が日本人を拉致し。国際手配された」などと発言
。朝鮮学校への「ヘイトスピーチ」名誉棄損事件。検察側は「拉致事件について明らかにする目的だとしても。学校の社会的評価を
低下させることは十分にあり得る」とし。名誉毀損罪が成立するとして被告側
控訴の棄却を求めた。判決は9月14日に言い渡される。

国の無責任さの表れです。本来なら、破防法を適用して解散させなければいけないのに全くしません。テロ支援国家を否定しない自称教育機関です。ヘイトスピーチですが、今後は週刊金曜日の記事をパクって対応すればよいと思います。事実から目をそらさないために、拉致問題や、竹島での数千人の拘束、朝鮮進駐軍による4000人以上の殺害事件などについて謝罪を求めましょう。追悼式を。裁判での被告側の言い訳が「不用意な言い間違いだった」というのが情けない。反撃されない、責任も無い中で威勢のいいことを言ってる奴らの実態は大体こんなものだろう。第二審は、第一審判決に検察が公訴しなかった事もあり、京都朝鮮第一初級学校の跡地近辺で『ここに日本人を拉致した朝鮮学校があった』と言った内容の発言を元在特会幹部が拡声器でしたのが、京都朝鮮第一初級学校を指していると理解すべきか、被告側が大阪の朝鮮学校関係者が拉致事件に関与したと言う報道がかつてあった事を挙げつつ朝鮮学校一般を指したものであると主張しているのが妥当なのか、と言う論点になってしまったので、『どう思うか』って程の内容ではないとは思いますが…京都朝鮮第一初級学校の跡地近辺で『ここに日本人を拉致した朝鮮学校があった』と言った時のその《朝鮮学校》が、京都朝鮮第一初級学校ではなく朝鮮学校一般を指すものだ、なんて、いくらなんでもアホくさすぎて、そんなバカげた主張が通る訳もなく、控訴棄却にならなかったら超々ビックリ、と言うか、有罪にならない訳がない、ってな話ですね。って言うか、良くそんな理屈で控訴しましたねぇ、と思いますよ。時々いるんですよね、こう言う人って…。第三者的には、『そんなアホな主張の為に弁護士費用を払うんですか?』って思うんですけど、とにかく気分が悪いと意地でも控訴したい、弁護士に何でも良いから控訴する時の理屈を思い付けと要求する、ってな事をやっちゃうんでしょうね。裁判の審理自体は即日で終わったのも、今更新たに関係者に事実を確認しなきゃならない事は、第二審の裁判官には全く無かった、って事じゃないんですかね。なお、跡地近辺に言って上記の様な発言を拡声器でした、って事件なんで、学校じゃなく行政に行くべきだった、とか言う話では最初からないですし、名誉毀損罪は『公然と』、つまり不特定または多数の者が認識し得る様な状況かどうか、なんで、どこで言おうが、公然であれば、場所が、役所だろうが、学校だろうが、道端だろうが一緒です。誰もいない夜明けの山のてっぺんなら大丈夫でしょうが…どのヘイトスピーチですか?公園の不法占拠の時は学校じゃなくて、行政に行けよと思いました。学校に行ってもその場限りの嫌がらせにしかならないから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です