子どもと老人 私の父祖父の子にとって祖父母は血のつながり

2021年3月10日 @ 5:41 PM

子どもと老人 私の父祖父の子にとって祖父母は血のつながり。NHKのファミリーヒストリーを見てると時々そういう家庭も登場しますね。戦前の結婚について 1人の妻に、3人の夫 私の曽祖父の代です
①まず、長男に嫁1が嫁いできて女児を授かりますが、長男は娘が生まれる前に亡くなります
②嫁1は婚家に留まり、次男(亡夫の弟)と結婚し男の子を授かりますが、まもなく次男も亡くなります
③嫁1は再び婚家に留まり、別の家から婿をもらいます 2児を授かりますが、嫁1は亡くなってしまいます
④婿はそのまま婚家に留まり、別の家から嫁いできた嫁2と結婚します そこで、一児を授かります この夫婦で、子供5人(①の1児、②の1児、③の2児、それから自分たち④の1児)を育てます

私の祖父は、②の結婚で生まれた子です

私の父(祖父の子)にとって、「祖父母」は血のつながりのない二人(④の夫婦)ですが、同居して育ち、厳しくも愛情いっぱいに育ててくれたと言っていました
私が生まれる前に曽祖父は亡くなりました
私が生まれた翌日に、曽祖母が亡くなりましたが 日記には、私が生まれた事の喜びと安堵が書いてありました

私の家のお墓で、全員眠っています
このことを知った時、びっくりしました
ドラマみたい…と思いました

ちなみに立派な家柄ではなく、ちょっと良いくらいの家です(本百姓で、土地や山林を他の家よりも少し多く所有していたレベルです)
住み込みで働いている1組の夫婦と、子守の女の子がいたそうです

戦前はこのような婚姻が普通に行われていたのでしょうか
それとも我が家だけ特殊だったのでしょうか 精神疾患の親を持つ皆さんからの体験談。症状に苦しむ親と向き合う戸惑いや不安。病気が正しく理解されず誰にも言え
ない孤立感…当時の私はそんな母が怖く。父に助けを求めました。しかし父は
鬱に精神疾患には正しい知識を持って理解してあげることが必要なんだと感じ
ました。でも言える事は辛くて辛くてたまらなくても。やっぱり私は母が
大好きだったんです。私の妻は双極性障害で。私たち夫婦には子どもが人い
ます。私は人のお子さんにとって。ノロリンさんはかけがえのない存在だと
思います。

祖父母との同居。子ども人がさわげる家共働き家庭の増加や税制面の優遇などから。祖父母と
同居する「二世帯三世代住宅」が注目され始めています。つまり。
アタッチメントできる人数が多い子どもは。より愛情豊かに育つことができるの
です」家で一人きりで子どもの世話をしているとき。息ができないほどの密閉
感を経験される方もいるようです。おじいちゃんおばあちゃんは夫婦どちらか
のご両親とはいえ。生活空間が適度に仕切られていないと。誰かは気を80歳の母親が気持ち悪くて気持ち悪くて。気持ち悪いと言うだけで介護を拒否することもできないですし普段からお世話に
なっている親戚の手助けも頂いてちなみに親が自営で年金少なく2人合わせ
てひと月万貯金もスズメの涙ほど。こんな親にどうやって愛情もって接しろ
というのでしょうか私がいた入居型の施設なんて。入居したら何年も会いに
来ない家族は一杯いました。かなり厳しいですよねでも 私も姉と兄がおります
が何もしてくれませんよ何もかも私一人でやっています相談しても

祖父母は親ではないから。そうでなくても少子化の時代ですから。血縁関係のある子供を大切に育てていく
大人たちの気持ちもわかります。しかしやはり忙しくても。やはり『孫の親』
が孫のことを祖父母に丸投げしてはいけないのです。また祖父母共働きの息子夫婦に頼まれ。息子夫婦は「共働きなので子どもを預かってほしい」という理由から。我が家と
同じ町内に住んでいます。私も同じように育ちました。現在歳。妹もです。
ひとつ違うのは。私たちは祖母ではなく「ちゃあちゃん」と呼ぶ。私は病気で
同居になった義理の娘の孫を2歳から育てました上に人居て。手がかかるのは
2歳の孫娘と歳の男の子でした母親が夫である父親を愛して感謝して尊重し
て。子供を育てていると。子供は同じように思って育ちます。

孫の面倒を全くみない親の介護は辞退しても良いでしょうか。私自身を育ててくれた親ではないか。という意見があるかと思われますが。私
自身を育てる過程でもかなり極端な歳の人に歳と歳の子供を面倒を見て
もらえると思うほうがおかしいのですよ孫にとってもご両親に弟夫婦の方が
結婚出産が早く子育てを手伝ってもらっていたとしてもそれは。孫差別とか愛情
が無いという自分の責任で生んだ子供なら夫婦で乗り越えなさいと言う考え方
も私には理解ができます。母方の祖母と。一年の半分程同居でした。子どもと老人。現代の成人にとっては,自らの老人観を厳 しく見つめ直すことが不可欠な時期に
あると思われる? 〔問 〕 あなたは,お子さんを育てて行く上で,日頃何かと
おじいさんから学ぶこと,教えてもら〔問〕 おじいさんやおばあさんと同居
しているために ?親子だけの時間がとりにくい ? ?子ども一家内に祖父と祖母,
つまり老人が 人いることは,子ども観 ?どちらかと どちらともいえない
どちらか いうと満足 いうと不 祖父について 祖母について 祖母同居親 祖母
について

お孫さんをかわいがってあげてください。とてもいい子に育ちます人生のおさらいをするために――児童精神科医?
佐々木正美さんからのメッセージ子育て広場」で出会ったある家庭は。不幸
にも母親と祖父母の関係がうまくいかず。同居を解消して別々に暮らすことに
なりました。それがお孫さんの成長には必要なことです」と申し上げたのです
が。ふたりとも「それは無理なことです。昔は祖父母というものは。父親や
母親と違って。孫を目に入れても痛くないほどかわいがっていたものです。

NHKのファミリーヒストリーを見てると時々そういう家庭も登場しますね。昔の日本では「家」って会社組織みたいなもんです。田んぼを持ってる農家ならもう家が会社みたいなもんです。跡継ぎが死んだとき、子供がいなければ嫁は実家に返されるケースが多いと思いますが、もしすでに子供がいれば未亡人となった嫁が夫の兄弟と結婚して家を維持する。次の世代の跡継ぎは長男の遺児です。なんでかというと、そうしないと相続でもめるからです。「家」が会社みたいなものなので、平和裏の継承が重視されます。運が悪ければ今度は妻が死んで後妻をもらうということもあり。というのは昔は病死で早死にする人が多かったし、戦争での死亡者も多かった。あるよ結婚は家のみの為と言っても過言では無い時代血より家、何が何でも絶やしてはいけない家貰ったり、あげたりが普通私のおじ、おばにもいわゆるもらいっ子が何人か居ましたね。そこまでややこしくは無いけど…本家である旦那家は、曽祖母が婿取り祖母が婿取り、一男義父一女をもうけ戦死。新たに婿取り一女プラス。義父は嫁取り、一男二女夫と姉妹夫と私が結婚夫の姓息子二人はどうなるやら?義父は??家にこだわりがありアレコレ言われたけど、私にゃ「は?」って感じ。理解不能。実家は、田舎の庶民農家祖父母結婚夫の姓、一男父をもうけ祖父戦死。父が6歳くらいで亡き夫の末弟と祖母再婚夫の姓、一女プラス。見たことない戦死した祖父も跡継ぎでもなく、分家というか新家です。妻の母1959年生まれは結婚して母生まれる母の母死亡母の母の妹が嫁ぐ母の父死亡母の父の弟が母の母の妹を嫁にする妻の母の弟は異父母弟なんですよちなみに普通の農家ですよはい、よく行われていました。昔の結婚は個人と個人ではなく、家と家という考えが強かったので。戦中戦後によくあったケースですが、長男に嫁1が嫁ぎ、しかし長男は徴兵されて戦死公報が届く。そこで嫁1は次男と再婚し子をもうけたところ、戦死したと思われていた長男が復員。ということがかなり多くあったそうで、それを苦に自殺した嫁もいたそうです。私の祖父母も、A家の次男とB家の長女の組み合わせでしたが、それぞれの兄妹、つまりA家の長男とB家の次女も結婚してました。要はA家とB家の結びつきのためということです。レビラト婚レビラトこんは、寡婦が死亡した夫の兄弟と結婚する慣習。レビラトは、ラテン語で夫の兄弟を意味するレウィルlevirに由来する。レビレート婚とも。死亡した妻の代わりにその姉妹が夫と結婚する慣習のことはソロレート婚という。普通のことです。私のいなかでは、「なおる」というような表現を使いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です