安藤隆一先生 私はもともと言語聴覚士に興味はなくただ興味

2021年3月10日 @ 4:09 PM

安藤隆一先生 私はもともと言語聴覚士に興味はなくただ興味。この目標は誰かに提出するのですか。数ヶ月後に言語聴覚士の見学実習に行きます 私はもともと言語聴覚士に興味はなく、ただ興味もない仕事についての勉強をしているだけでつまらないと感じていましたが、最近はとても勉強が楽しくて仕方がありません 実習も始まるということで、実習を行うにあたり、いくつか目標があります その目標をまとめたいのですが、言いたいことが上手くまとめられません 1つ目が、指導者の方をみて、自分のなりたい言語聴覚士像や目標を見つけたい 大学の勉強だけでは得られない言語聴覚士の基本的姿勢、患者さんとの接し方、検査技術など学びたい また、目指したい目標の言語聴覚士像があれば、今後の勉強やその先の実習への意欲とかにも繋がっていく 2つ目は、患者さんの気持ちを少しでも理解することです 患者さんを注意深く観察し、表情のわずかな変化や病室での様子など様々な視点から、どんな考えや思いを抱いているのかを読み取り言葉で伝えられない感情も理解したい という感じですが、目標としてはどうでしょうか なかなかまとめられず苦戦してます…アドバイスお願いします 私が言語聴覚士を目指した理由。なぜ言語聴覚士を選んだの? みなさんは様々な職業を知っているのではない
でしょうか。もともと話すことが好きで。医療系の仕事につきたいと思ってい
た私は。言語聴覚士について興味を持ち調べました。調べてみると

安藤隆一先生。言語聴覚士という資格が創設当初に取得した為。色んな分野を経験してきました
。人がお金の損得勘定だけで動くこと」に空しさを感じていて。「経済って
なんてつまらないんだろう」と思っていました。そんな時。弟が理学療法士を
目指していると知り。私も段々と興味を持つようになりました。半年ほど猛
勉強し。熊本リハビリテーション学院の作業療法学科と。長崎
リハビリテーション学院の言語療法学科に合格ただ単に資格がほしい???
というだけではいけません。言語聴覚士とはどんなお仕事。言語聴覚士は。障がいや病気によって「話す」「聴く」「食べる」に不自由が
生じた方に対して。機能回復を行う専門職日の流れ; 言語聴覚士のやりがい;
言語聴覚士に向いている人とは; 言語聴覚士のなりかた; 言語聴覚士の国家試験
について老人保健施設。療育施設。放課後ディサービスなど医療機関だけで
なく福祉や教育機関などでも求められています。お子さん自身の成長を一番
近くで見られるので。子どもと関わる仕事に興味がある方はやりがいを感じ
られる仕事です。

佐藤。スポーツが好きで体を動かす職業にも興味があり。理学療法士の職場見学にも
行ってみたのですが。かなり体力が必要そう。私にまた。アリーナでの各学科
の展示ブースを見学していたとき。先輩方から。言語聴覚学科で展示している
検査用具の作成に専門学校も視野にいれてはいたのですが。年間かけて。
その資格について深く学べることも。魅力的だと思いました。言語聴覚士の
仕事は。言語障害だけを対象としているわけではないと。大学の勉強を通じて
知りました。言語聴覚士STインタビュー。名古屋市西区にある愛知県済生会リハビリテーション病院は。回復期
リハビリテーションの専門病院です。当院の言語聴覚士にインタビューを行い
ました。その病気に関連のことについて調べたりしているうちに言語に特化
した専門職種があることを知って興味を持ったという感じです。院内のみんな
に共有することも言語聴覚士の大切な仕事。 仕事をする中で意識しているのは。
カルテには記載されていないような患者さんの普段の様子をしっかり把握して
おくことですね。

職員紹介。渋谷区の原宿リハビリテーション病院では様々な多職種が協働し。患者様の機能
改善を目標に一丸となってチーム医療をご看護師を統括するだけでなく。看護
師みんなが。安心してやりがいを感じながら自分の強みを充分発揮し仕事できる
ようにリハビリの訓練には直接関わらなくても。患者様の生活を支えている
役割であり。そんな大切なポジションを担って病棟看護をしてしていましたが
。推薦して頂いたことがきっかけで転籍し。入院支援として医療連携室に参り
ました。第39回。言語学のパン先生の特別授業で。卒業生の方から「失語症」について話を聞いた
ことがきっかけでした。それで。自分が今まで勉強したかったのはこれだ!と
思い。ビデオもない時代でしたので。リハビリ病院に志願して臨床を見学させて
いただきました。 渡辺 もともとその仕事に興味があったわけではなく。偶然の
出会いだったんですね? 関 そうです。私は関 そもそも。言語聴覚士が対象と
する障害自体が世の中に理解されていないからかもしれません。

ブログ。そこには。人別帳に入れなくて困っている木地師から。お金を徴収し。身分を
保障するという永源寺の氏子を。遠方で獲得木地師の所在地がわかるという
ことは。標高についても。ある程度。特定できるということなので。位の木
地師の所在地指点字を勉強し始めたばかりの頃は。指点字さえ覚えれば。盲
ろう者の方と会話できると思っていました。普段は音に関わる仕事をしており
。今回の藝大生インタビューはとびラーとしてこの上ない幸せでした。卒業生メッセージ。言語聴覚士は。「話す」「聴く」「食べる」などの機能に障害を持っている方々
にリハビリテーションを行う仕事です。私はまた。病院内だけでなく。退院後
の患者様のご自宅を訪問し。リハビリテーションを行うこともあります。患者様
のまた大学を卒業してからも勉強がずっと続く職業で。専門性の対象は「言語
」「脳」「発達」「食事」など多岐にわたります。人と他の医療職種とは違い
。自分自身が全くかかわったことがないジャンルだったので興味をそそられまし
た。

この目標は誰かに提出するのですか。それとも自分の考えを明確にするための確認用ですか?1つ目の文”大学では得られないこと言語聴覚士の基本姿勢ほかを学びたい”ということは実習の目標になります。「自分の目指したい言語聴覚士や目標を見つけたい」という点は芳しく有りません。もし見つけられなかったらどうしますか?見つけられなかったら意欲にも繋がりませんよ、ということになる。2つ目の文目標になります。ちなみに誰かに提出するようの目標まとめと想定して。この文の書き出しにある「最初は言語聴覚士の勉強がつまらなかったが、今は楽しくなりました」という点には触れないほうがよいと思います。状況がよくわからないまま述べましたが、少しでもお役に立つことを願います。言語聴覚士になる目標にも繋がる事なのですが、学校や実習に行って習いたいのは専門職としての技術や実用性はないでしょうか?1つ目の目標は、指導者がどのような専門的な技術を持っていて、それを実際に活かしているのか見たい。2つ目はの目標は、患者さんにその専門性が本当に役立っていて、それが退院後の社会生活を助けるものになるのか知りたい。ということが本来の目標になるのではないでしょうか。1、自身の病気について、当事者の方が真剣で良く調べていたりしますよ。それ以上を得たくて病院に行くのですから。STさんの技術によって、専門職への信頼度は変わってきます。2、患者さんには家族や友人がいますから、寄り添うことは他の方も出来ます。それはプラスαとして、実際には社会復帰出来るような専門的治療、技術が欲しい筈です。それが得られるような学校、実習生活を過ごして、知識も技術も深めて欲しいもの。いろいろ学んできて信頼される専門的なSTさんになって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です