日清?日露戦争 日露戦争のポーツマス条約日清戦争の下関条

2021年3月10日 @ 4:46 PM

日清?日露戦争 日露戦争のポーツマス条約日清戦争の下関条。「条約」は、「国と国との約束事の取り決め」です。太平洋戦争のポツダム宣言はなぜ、ポツダム条約と呼ばないのですか 日露戦争のポーツマス条約、日清戦争の下関条約は条約と呼ぶのに、ポツダム宣言だけは宣言と呼ぶ理由を知りたい 日清?日露戦争。日清戦争と日露戦争を経て日本は大陸へ進出していった。また同時に今日は。
日本が初めて体験した近代的な2つの戦争と。不平等条約の改正までの道のりを
見ていきます。日本は勝利を重ね。年。山口県の下関で講和会議が開かれ
ました。ここで。朝鮮半島における日本の優越権などを決めた「ポーツマス
条約」が結ばれました。しかし救助されたのはイギリス人とドイツ人だけで
した。12。日露戦争のポーツマス講和条約が結ばれたのは1905年。そのわずか3年後の
ことです。朝河がアメリカから送った忠告にもし当時の日本人が耳を傾けてい
たら。数千万の人命が失われずに救われただけで1945昭和20年
ポツダム宣言受諾。降伏文書調印朝河の七十余歳の生涯は。ちょうど幕末明治
維新の激動期に生をうけ。日清日露の二つの戦いを経て。満州国建設。日中紛争
。太平洋戦争。第二次当然のことと受取られ特別の関心をよぶことはないで
しょう。

アメリカが仲介した日露講和条約「ポーツマス条約」について元塾。下関条約に対するロシアの介入 ポーツマス条約を結ぶ要因となった日露戦争です
が。そもそもなぜ日本とロシアとの間に戦争が起こっ

「条約」は、「国と国との約束事の取り決め」です。「ポツダム宣言」は、「連合国が、一方的に要求を述べたもの」であって、相手と約束したものでは、ありません。>日露戦争のポーツマス条約、日清戦争の下関条約は条約と呼ぶのに、ポツダム宣言だけは宣言と呼ぶ理由を知りたい。ポーツマス条約は日本とロシアが、下関条約は日本と清が、それぞれ戦った相手どうしが「戦後の取り決め」をしているじゃないですか。>ポツダム宣言だけは宣言と呼ぶ第二次世界大戦関係でも「カイロ宣言」「テヘラン宣言」「ヤルタ宣言」等があります。それ以外でも「モンロー宣言」とか「門戸開放宣言」とか。いずれも「片一方が、相手のことは考えずに、一方的に言いはなったもの」です。ポツダム宣言は連合国による「降伏しなければこうするぞ」という米英中の対日共同宣言です。日本と何か取り交わしたわけじゃありません日本との条約は降伏文書と、その後のサンフランシスコ講和条約ですポツダム宣言は条約とはいえない。下関条約の場合、両国の全権大使が下関に集まって条約の内容を協議し、持ち帰って批准の手続きをしている。条約というのはそういうもの。ポツダム宣言はポツダムで一方的に宣言し、東京から受諾すると回答を贈っているだけで、降伏の意志表明をしているだけに過ぎない。ただ、手続きは兎も角、ポツダム宣言受諾は国と国との約束であるから条約と同等のこと、と言うのは当時の阿南陸将も指摘したことで、それで国内的には「和議」の決定プロセスをとる事になっている。ポツダム宣言は連合国側による一方的な通告です。ポーツマス条約と下関条約は、双方の合意によって結ばれた約束であり講和条約です。第二次世界大戦における日本が交わした講和条約はサンフランシスコ講和条約です。あの時点では降伏か否かしかなかった日本には交渉の余地すら残されてなかったから無条件降伏だから受諾となり条約ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です