昭和天皇の終戦/聖断連合国首脳会談/降伏調印式Japan

2021年3月10日 @ 6:04 PM

昭和天皇の終戦/聖断連合国首脳会談/降伏調印式Japan。国策決定の場は非公開が当たり前で、今だって閣議にはカメラは入れない。終戦を決める御前会議って、神聖すぎて当時だれもフィルムに残そうって思わなかったですよね 昭和天皇の終戦/聖断;連合国首脳会談/降伏調印式Japan。の真珠湾空襲は。週間前から決定していた月日の天皇
臨席の御前会議で。には知られないように。宣戦布告は東京時間の月日
午前時分ハワイ時間月日午後時分とすることも決められた。
大日本帝国憲法ですら,天皇の持つ大権を若干制限するに過ぎないのであって,
事実上,絶対君主の地位を与えている。これは, 『杉山メモ』下にのっ
ている話で,年月のアッツ島における陸軍部隊全滅「玉砕」に直面し。
昭和天皇史料紹介―最後の御前会議における昭和天皇御発言全記録。本稿は。大東亜戦争の終戦を決定した鈴木内閣の内閣書記官長現在の内閣官房
長官であった迫水久常さこみづひさつね私は「誠に懼れ多いことと存じます
が。陛下の御聖断を得て事を決する外はございますまい」とお答えいたしますと
。総理は「実は自分もそう考えて今朝両総長は政府及び軍の意見が統一しない
限り。御前会議を開くべきではないといって同意が得られません。然るに陛下
はしぼり出すようなお声を以って「念のため理由を言って居く」と仰せられまし
た。

国策決定の場は非公開が当たり前で、今だって閣議にはカメラは入れない。神聖過ぎるというよりカメラマンが入れないでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です