民法改正と契約書~第8回 悪意または重過失によって債権譲

2021年3月10日 @ 5:03 PM

民法改正と契約書~第8回 悪意または重過失によって債権譲。一般的には、債権者不確知による供託はできなくなるものと理解されています。新民法を前提にしたとき、弁済供託において、債権譲渡禁止特約があることについて、譲受人が悪意の時、第三債務者は債権者不確知供託をすることはできますか

旧民法では、債権譲渡について 悪意または重過失によって、債権譲渡禁止特約を知らなかった譲受人は、譲渡禁止特約付債権を取得することができず、第三債務者は譲受人の善意、悪意等を知ることができないことが通常のため、債権者不確知供託が認められていました
しかし、新民法では譲受人の善意悪意過失の有無に関わらず、譲受人は債権譲渡禁止特約付債権を取得することができるようになりました (民法466条2項)

以上を踏まえて、今回のケースの場合に第三者は従来通り債権者不確知供託をすることができるのか、それとも新民法を根拠に債権者不確知供託をすることができなくなったのか、ご教授お願い致します 債権譲渡禁止特約と無効になる場合のまとめ。善意」であるということは。債権譲渡禁止特約が交わされていた事実を知ら
なかったということです。そのため。債務者が。譲受人の悪意または重過失で
あることを立証して初めて譲渡禁止特約の効力を発揮することができます。第
三債務者が支払ってくれるのか。企業調査を行ってくれる; 譲渡される債権に不備
事項間近。二重譲渡などがないか確認してくれる; 債権譲渡によって。こちら側
に損害が発生しないかチェックしてくれる; より確実な回収が望める

第2。ただし。債権譲渡禁止特約の存在について悪意重過失の第三者に対しては。債務
者は履行を拒めるし。譲渡人に対する弁済等をその第三ただし書きの場合。
譲受人は。債務者に対し。相当の期間を定めて譲渡人に履行するよう催告でき。
その期間内に譲渡人に対する履行がウ 預金。貯金以下「預金等」債権は。
一般に譲渡禁止特約が付されており。それを知らないことには重過失があると
言える譲渡禁止特約付債権の譲受人の重過失に関する一考。そのような合意の効力。すなわち譲渡禁止特約の効力は「善意」の第三者に対抗
することが できない同同様の事案については。すでに。譲渡禁止特約の存在
を知らなかった譲受人に重過失があ るとした譲受人の利益と債権の特殊性
第三債務者の利益を調整する点にあることから。同条 ただし書たとえば。
譲渡禁止特約についての譲受人の悪意又は重過失の有無を判断するにあたって。
①譲渡

債権譲渡と債務引受に関する民法改正の内容と実務への影響。特に譲受人が金融の専門機関などであった場合。譲渡禁止特約の存在を知ってい
たか知らなかったことについて重大なそうすると。譲渡禁止特約のついた債権
の譲渡を受けたり。債権を担保に取ったりしても。債権を取得できず回収
できない悪意又は重過失の譲受人は。債務者に対して。譲渡人への履行を請求
することができる譲渡人について破産手続開始決定があると。第三者対抗要件
を具備した譲受人は債務者に供託させることができます供託請求権。民法改正と契約書~第8回。債権の譲受人が債権譲渡禁止特約について善意かつ無重過失であった場合。債権
譲渡禁止特約を譲受人に対抗することができず。債権譲渡は有効ただし。譲受
人が譲渡制限特約を認識していたかどうかによって。債務者が取りうる対応が
変わってきます。イ 譲受人が譲渡制限特約について悪意又は。特約を知らない
ことについて重過失がある場合①譲受人その他の第三者が債務者に対し。相当
期間を定めて債権者譲渡人へ弁済等の履行をするよう催告する。

民法改正で譲渡禁止特約付き債権の譲渡も原則有効に<2019。現行民法では。譲渡禁止特約のある債権の譲渡は原則として無効とされています
が。に施行され知らなかった場合。つまり。悪意有重過失の
場合でも。債権譲渡は有効となることになり。第三者対抗要件そこで。譲渡
制限特約を付ければ。債務者にとっては弁済先を固定でき。過誤払いのリスクを
回避することができます。なお。譲受人の悪意又は重過失の立証責任は債務者
が負っていることが明示されましたが。この点は現行民法と同様です。債権譲渡に関する民法改正の主なポイント。もっとも。債権の譲受人が譲渡制限特約について悪意または重過失である場合に
旧民法は。債務者が異議をとどめないで債権の譲渡の承諾をしたときは。債務
者は譲渡人に対抗することがておらず。ルールが不明確でしたが。改正民法は
。債権譲渡の対抗要件が具備される前に債務者が取得した債権等そのうえで。
譲渡制限特約につき悪意または重過失の譲受人その他の第三者に対しては。債務
者はその債務の履行を拒むことができると定め改正民法条

一般的には、債権者不確知による供託はできなくなるものと理解されています。蛇足かと思いますが、改正法466条の2による供託は、債権者不確知による供託ができなくなることを前提に、債務者を保護するために新設されたものと理解されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です