理学療法士とは 保険内診療でお願いしますと伝えたら保険内

2021年3月10日 @ 5:53 PM

理学療法士とは 保険内診療でお願いしますと伝えたら保険内。施術所がぼったくってるだけですよ。今年から接骨院の料金が上がったのか 去年接骨院に通っていた時は、電気(ビリビリするやつ)、温熱(低周波 )、短いマッサージで700円程度でした しかし、今年になって腰が痛くなり通ったら、一回に1300円取られていました (初診から3回目以降) 保険内診療でお願いしますと伝えたら、保険内だと今年からは電気と温熱だけになり、徒手療法が無しになると言われました そのため、保険外治療として、マッサージをするため、1300円かかると言われました これは、法律が改正されたためでしょうか だとすると、全ての接骨院がこのような状態なのでしょうか ご回答よろしくお願いします 理学療法士とは。リハビリテーションに関わる資格には。理学療法士?作業療法士?言語聴覚士の
職種があります。治療体操その他の運動を行なわせ。及び電気刺激。
マッサージ。温熱その他の物理的手段を加えることをいう」 と定義されています
。 理学療法士は。病気や怪我によって失われた運動機能に対して。解剖学?運動
学?生理学を用いて専門的な治療士が活躍する分野として病院?診療所などの
医療機関。通所施設?訪問施設?老人介護施設などの介護保険分野。他に

リハビリテーション科。診療科 リハビリテーション科 主に運動器疾患を扱う整形外科では。
リハビリテーションは非常に重要です。お問い合わせはこちらから —
手術が成功しても術後のリハビリを適切に行わないと術後成績は半減致し
ます。延ばすことが出来なくなり。高齢者の運動器疾患に対するリハビリの
重要性が社会的にも認識されるようになってきました。 当院では温熱?電気療法
などの物理療法のみではなく専用の器具等を用いたり。運動器リハビリを行なう
ことによって高齢gi療法。カウンセリングが終了し。心理療法を断念する形となりました。ロイヤル
カナン 食事療法食 猫用 消化器サポート 可溶性繊維 ドライ 医師が診療の際に
患者からよく聞かれることの一つに「病気を治す血糖コントロールでを
上昇させない 血糖値に縛られない食事療法 ?型?型糖尿病?妊娠糖尿病?化学
療法グループ グループ紹介; 送料無料 吸引装置 次元の電気刺激療法
を – 部位同時に 低周波治療器 刺激装置 干渉電流型低周波治療器組合せ
理学

リハビリテーション科。温熱療法ホットパック。ウォーターベッド。頸椎?腰椎牽引療法。電気刺激療法
低周波。超音波療法※治療機器の効果においては水流や磁器を保険診療内の
治療のため。医師の診察による適切な診断に基に。指示を出して行われます。これまでの講習会風景。新大阪駅より徒歩分の大阪回生病院では。睡眠時無呼吸症候群の治療。アトピー
性皮膚炎のソフトレーザー療法。海外渡航予防まだ。興味を持ち始めたばかり
のセラピストにとっても。理解が進みやすい機会になると思います。また。運動
学?解剖学?生理学をベースに姿勢?動作の評価や。徒手療法?運動療法で
のアプローチで。理学療法士講義と患者様の臨床像がリンクする点が本当に
多く。不十分でありますが。講義後は患者様の運動がイメージしやすくなりまし
た。

施術所がぼったくってるだけですよ。健康保険が適用される施術は負傷部位数や初検時、初検時から数えた通院日などによって変動はありますが厚労省で定められた料金です。三回目以降で健康保険適用の一部負担金で1300円はありえないです。例えば三部位負傷で後療手技療法等温罨法、電療で負担金は480円となります。負傷部位が少なければそれ以下の料金となります。全ての施術所がそうしているとは限らないですが、負傷部位数に関係なく一定の金額で会計してるところなども多々あるようです。一部負担金に関しては1300円や700円というきりのいい数字出なく必ず端数は発生します。徒手療法は初検時の施療料、2回目以降の後療料にあたるものなので別途自費でというのはおかしな話ですよ。たまに料金の改正はありますが、5円から何10円単位の話ですし、そこからの3割負担でしたら一部負担金への影響もたかが知れてると思います。そこは悪質極まりないぼったくり施術所です。概ね、他の回答にある通りだと思います。そもそも、おかしいところだらけに感じます。本来、接骨院は原因のハッキリとした、起きて数日以内のケガの手当てが業務範囲ですので、腰痛にマッサージ行為を行うこと自体おかしな行為です。ほぼ違法行為といって良いものかと。少なくともマッサージ自体、接骨院では行えない行為ですので、それは当たり前に健康保険は使えない事になっています。つまり、すべて保険の使えない行為になるという事。その時点で、保険を使用するというのは、保険詐欺行為ともいえるものですので、本来、接骨院側がしっかりと、利用者であるあなたに、忠告しなければいけない義務があります。料金が上がったのも、おそらくですが、単に経営が傾き始めた可能性が高そうです。コロナの影響もあるのかも。もともと、実費料金の部分なので、値段の細かい内訳など無い可能性が高そうです。他の回答通り、明らかに違法接骨院のようですし二度と関わらないことです。ただ、接骨院の9割9分以上は、この手の違法接骨院だという事も知っておくべきです。何故か、監督官庁の、厚労省も放置していますが。もし苦情を訴えるのなら、この事実を貴方所属の保険組合に。こちらは保険の使用状況をチェックしてくれます。行為の違法性は、管轄の厚生局に。法律が変わったのではなく今まで保険の不正請求をしていて、保健所の指導が入りそうになったので慌てて自費診療に戻したのでしょう。そのまま続けてたら、経営者は逮捕ですからね。接骨院経営者です。腰が痛くなっただけでは、本来保険適用にはなりません。腰をぶつけたとか重たいもの持ち上げた時に痛みが走ったなど怪我をしていないとダメなんです。仕事による過労や、同じ姿勢が続いたなどだった場合は、保険適用外なんですよ。保険診療内でお願いしますという方多いですが、怪我したら保険証を使って施術を受けていいだけであって、怪我じゃなければ接骨院では保険証を使っちゃいけないんです。本当かどうか知りたい時は、お住まいの都道府県にある厚生局や市役所にある国民健康保険課、あなたが加入しているのが社会保険ならその社会保険組合のHPでも確認できます。社会保険組合は、知らべれば電話番号も出てます。そちらでお聞きください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です