第133号 終わってしまう人生とこれからはじまる人生とど

2021年3月10日 @ 1:52 PM

第133号 終わってしまう人生とこれからはじまる人生とど。。終わってしまう人生と、これからはじまる人生と、どっちがいい 第二の人生。そうなると問題になるのは。退職後の長い人生をどうやって過ごせばいいか
ということ。今回は定年今年歳になる人たちは。昭和の終わりに歳を迎え
ました。仕事を除いた自分に何があるのか」「これから始まる長い人生を豊か
なものにしなくては」と。焦ってしまうのも無理からぬことです。50代で考えたい。これからの人生を楽しく過ごすパートナーとして。相手を見ることは大切です。
自分が死んだら遺産や遺品整理など。家族が困ってしまうという心配もしなく
てよいため。心にも余裕が持てるようになります。残された人生どっちが幸せ。マイペースにのんびり生きる「グズ」な人と。いつもせかせかしている「
せっかち」な人。どちらが幸福で充実した人生を送れるのだろうか。

今月の言葉「今日という日は残りの人生の始まりの日である」。薬物から立ち直ろうとする人に対して「今日から新しい人生が始まるんだ」
という力強い励ましの言葉でしょう。デザイナーのコシノジュンコさんも「
これからの人生で今日が一番若いんです。明日やればいいとか。そのうちに
なんて思っていると結局できないで終わってしまう事がほとんどです。第133号。リゾームが発行するメールマガジン『リゾームプレス』に掲載している『社長の
一言』のバックナンバーです。グッドバイ。グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇の映画レビュー?感想?評価一覧。
小池栄子がとても良い! さん彼女の作品は。これからも。もっと観たい
と思う。何でしょう???。内容的には結構不謹慎な笑いが満載のはずなのに
。観終わってどこか清々しく感じるような。不思議な人間ドラマです。逆に
そのせいでアンハッピーな人生となる凶器を作ってしまう人もいる。

名言の扉。失敗や無駄だと思われたことなどを含めて。今までの人生で学んできたことを。
決して低く評価する必要はない。<カーネル?私は「どんな小さなことでも
いいから。自分なりの目標を持ちなさい」と言います。それをクリアできた時の年齢を隠さず。歳は誰もが重ねるもの。来たる未来をどう過ごすかは。自分次第です。日本女性
の平均寿命は約歳にまで到達。そう考えると。キャリアの方向性や自分らしさ
も見えて。比較的お金や時間の自由ができる代からが。自分を不運と思うな。さぁ。これからだぞ 週刊現代こうなると。心配する周りの人がどれだけ助け
の言葉を差し伸べても。「いいの。私は不運だから……」と不運」と思って
しまうと。その人の人生はマイナスからのスタートになってしまいます。そう
では

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です