解説新型コロナの流出源 中国共産党はわざとコロナウイルス

2021年3月10日 @ 6:01 PM

解説新型コロナの流出源 中国共産党はわざとコロナウイルス。香港からアメリカに亡命した女性研究者の証言によれば1,武漢の研究所は日本人が考える以上に厳重に管理監視されており、誤ってウイルスが外に漏れることは絶対にない。中国共産党はわざとコロナウイルスを全世界にばらまいた可能性はあるのか 解説。新型コロナウイルスを検査するギリシャの研究室 アメリカ国務省の公電によると
。在中アメリカ大使館の職員から。中国?武漢市にあるウイルス研究所のバイオ
セキュリティーについて懸念の声があがっている。この研究所「新型コロナは中国の人造ウイルス」陰謀論はなぜ広まるのか木村。ノーベル生理学?医学賞を受賞したフランスのモンタニエ氏が「新型コロナ
ウイルスは人造ウイルス」と発言し。「中国人造ウイルス」説が再び世界中を
駆け巡りました。「新型コロナ発生源は中国ではない」宣伝活動を世界で活発。中国の湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる感染者が発生してから月日
で年が過ぎたが。人への感染ルートを解明する世界保健機関の調査は
今も進んでいない。世界的流行の責任追及を避けたい中国政府

SPF。笹川平和財団は国際理解?国際交流および国際協力を推進する公益財団法人です
。「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する。内容説明 自らが拡散させた「武漢ウイルス」を利用し。世界への影響力拡大を
狙う中国。独裁国家と自由新型コロナ?中国生物兵器説?がこれほど拡散された理由。新型コロナウイルスに関するデマのなかに。?中国が密かにつくった生物兵器説?
があり。陰謀論系サイト経由でそれが拡散されてきたことを。前回記事で説明
した。中国生物兵器説の根拠となっている情報は主にふたつある。新型肺炎。経営者層やマネジメント層など。日本の未来を創るビジネスリーダーのための
総合メディア。国際情勢。最新ビジネス動向。イノベーションなどに関する深く
本質的な論考を毎日更新。中国から全世界へと感染が広がる新型

解説新型コロナの流出源。月日 新型コロナウイルス流行の中心地となった中国?武漢
のはずれの山沿いに位置する「武漢ウイルス研究所
」──。新型コロナはこうして広まった。彼女は。中国を機能不全に追い込み。世界経済を襲った新型コロナウイルスに
感染したとみられる最初の患者の一人だ。新型ウイルスはその後。世界各地に
広がり。感染者数は万人を超えた。 医師は週間近く。ウェイさん

香港からアメリカに亡命した女性研究者の証言によれば1,武漢の研究所は日本人が考える以上に厳重に管理監視されており、誤ってウイルスが外に漏れることは絶対にない。2,専門的見地から、新型コロナが自然発生する可能性はほぼない。ということで、彼女は誰かがわざとやったと発言しています。つい先日も中国国内で専門施設からなんたら菌??が漏れ出して既に数百人が感染してる模様ですね何でも最悪の場合は死に至る感染症らしい今中国では洪水被害の為か赤痢など数多くの病が広がりを見せていますこれらの事を考えればコロナも故意か事故かは不明なれど共産党が言う「自然発生」とは考え難いですねワザとかは分かりませんが、完全にバイオハザードを起こしてしまいましたね。必死に隠してますが、絶対に口外しないでしょうね。中国共産党ですから。おおいにあると思えます。先進国がワクチンをまだ開発できない中、すでに医療従事者に使い始めていることが何より疑義を深めたと思います。つまりウイルスを開発しながらワクチンを開発していたという可能性も否定できません。ロシアはその種をもらったと見れば、ストーリーは不思議ではないでしょう。武漢の研究所を閉鎖してしまい、国連の調査すら受け入れない。満州事変のリットン調査団は日本でも受け入れました陸軍のヤラセだったにもかかわらずそして武漢の人々は「その犠牲」にされたのだと私は見ています。出なければ「疑問符」が多すぎます。欧米各国の情報網も、そういう観点で調べがついていると思います。中国が持つアメリカ国債を中国は20%売却だそうです。手持ちドルがないと貿易できません。アメリカが世界に損害賠償しないなら、中国の持つ米国債を換金しないという事ができますから焦ってるのです。流石に、それは無いとは思いますがね。間違えて管理が杜撰で新型コロナウイルスを研究所外に持ち出してしまったという事でしょうね。そして中国共産党は大慌てして武漢市のマーケットの動物から感染拡大した様な画策して事が失敗で余計疑われてしまったという事ですよ。こんな共産党が中国を支配しているのですよ。マスクでかなり荒稼ぎしているようだし、中国が一番コロナで儲けた国でしょう。可能性はありますが、多分違うでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です