遺伝子か環境か 運動能力は何割が才能によるものですか

2021年3月10日 @ 3:46 PM

遺伝子か環境か 運動能力は何割が才能によるものですか。何を運動能力とするかにもよるかもしれませんがここの記事では66%が遺伝と書いてますね。運動能力は何割が才能によるものですか 学力は母親で決まる。文科省の調査結果による統計学的根拠まず最初の理由は文科省が公表した調査
結果です。からの遺伝は子供に影響を与えますが。神経質。外向性。勤勉性
など一部の性格は%。運動神経は%の遺伝率だそうです。生後親によって
作られる環境要因などを含めると。ほぼ%親から受けつくものといても過言
ではないそうです。 さらに脳の限界値は受精の段階で決まり。一部は潜在能力と
なるのですが。その発言は~歳までの環境によって決まるそうです。運動神経は”才能”ではない。では。スポーツが「上手い」「下手」の判断基準は何で決まるのか。運動神経を
育むためにはどうしたら良いのか。深代氏子は私に似て運動神経が悪いから」
と〝遺伝〞や〝生まれ持った才能〞といった。外的要因のせいにしてしまうの
です。運動神経の有無に個人差はなく。誰にでも同じように備わっているもの
なのです。運動のセンスのよさは「脳の神経回路」の働きによる

トップアスリートの「才能の正体」とは。坪田。僕は「才能」というものを昔から考え続けてきて。いろいろ記録にも残し
てきているのですが。結論。才能って誰にでもあるし。誰にでもないとも言える
と思っています。スポーツの場合。いきなり身体能力や空間把握能力とか曖昧
な感じなもので「才能」を捉えがちですよね。僕らって。何かが足りないから
不幸せになっているわけではないじゃないですか。ハイハイするのが月齢より
早かったら。親はなんと言うかというと。「この子運動神経良い!アスリート必見。一般の方々が体験的に知っておられる運動能力と遺伝の関係といえば。「足の
速い両親の子どもは足が速い」などがあるでしょう。仮に父親も母親も速い
スプリンターで。どちらも型だとしたら。生まれてくる子どもは型。型
。型のいずれかです。もし。という質問項目があり。ご了承をいただいた
方に唾液による抽出キットを郵送しています。トップレベルのアスリート
を目指す人にとって。私たちの研究はとても興味のあるものでしょう。

遺伝子は運動能力にどれだけ影響するの。遺伝子の中には。有酸素運動。筋力。トレーニングへの適応能力。そして身体の
大きさや体形を左右するものがあります。結論から先に言うと。遺伝的特性は
人それぞれ異なり。どんなものを手にするかはめぐり合わせ次第ですが。自分の
ば。運動能力のもっとも高い人ともっとも低い人との違いは主にトレーニング
によるもので。遺伝子による影響はテスト結果は多くを語らないため。自分に
どんな才能が眠っているのかを見極める最良の方法は。家族に目を運動能力は遺伝でなく経験。運動神経や運動能力はつい遺伝だと思いがちですが。そうではないのです。運動
が得意になる可能性は誰もが持っていて。それは先天的なものではなく。
あくまで後天的なものになり

「全ての能力が遺伝で決まる」残酷な世界で。全ての能力に遺伝的優劣がある――こうした遺伝の真実に。凡人はどう向き合え
ばよいのか。行動遺伝学の第世間の一部には。運動や音楽には遺伝が関係する
が。学業だけは努力次第。環境次第と思っている人もいるが。遺伝子に学業と
それ以外の才能を区別する文化的な価値観はないので。そんなのは単なる幻想に
すぎない。そのなかのどの領域にどのような素質を発揮し。どのような学習を
し。どのくらい自分のものにできるかに。すべてその人の遺伝的条件が反映して
いる。子供の才能は遺伝子次第。音楽や運動の才能は遺伝要因が大きいですが。言語性知能語彙の知識や言葉を
使った推論能力や学業の成績音楽や運動の才能ほどではありませんが。知能
は遺伝子の影響を受けていて。学業成績では約割程度が遺伝要因によるものと
考えられています。しかし。その結果を鵜呑みにして。子供の興味関心を制限
したり。何かを強要したりすることは止めるべきでしょう。

遺伝子か環境か。たとえば学力の場合。遺伝によるものが大きいのか。それとも環境が大きく関係
しているのかは。親御さん運動能力の場合は。ほかの要素に比べて遺伝の影響
が大きいようです。%は遺伝要因で決まると言われています。また。読み
聞かせをした子の問題解決力は高くなったり。無理に何かをさせず自由にさせ
ていた子のほうが。知的能力が高くなる子どもの才能を発見しやすくするため
に。それに出合うまで。できるだけさまざまな経験をさせることです。

何を運動能力とするかにもよるかもしれませんがここの記事では66%が遺伝と書いてますね。アクチニン 3 ACTN3遺伝子にはRR、RX、XXの三つのタイプがあって?型だと100m走は10秒台半ばが限界で短距離、瞬発系の種目の五輪レベルの選手を調べると?型は一人もいなかったそうです。?型が長距離で有利かというとそうでもなく、長距離エリートランナーにRR、RXも多く、?もいる。という比率でケニア人は99%がRR、RXという結果が出ているようです。持久力にかかわる最大酸素摂取量も、トレーニングしても向上するのは20%程度でそれ以上は伸ばすのは難しいようです。一般人の平均は40~50程度で、エリートマラソンランナーなら75~90になる人もいます。元が50なら努力して20%向上しても60、30%伸びたとしても65なので、努力しても誰でもエリートランナーの域に到達するというものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です