面倒無視していい 調査票を提出しないと何かペナルティ等あ

2021年3月10日 @ 5:33 PM

面倒無視していい 調査票を提出しないと何かペナルティ等あ。統計法第13条では、国勢調査のような国の重要な統計調査である基幹統計調査について、調査の対象となる個人又は法人その他の団体に対して報告義務を規定しています。国勢調査について

調査票を提出しないと、何かペナルティ等ありますか

強制力はありますか 国勢調査にはどうしても答えなければいけないのですか。国勢調査では。国勢調査令第条で申告義務と方法について。世帯主又は世帯の
代表者や世帯員が調査票に記入し。調査票の取集に応じ。及び調査員等指導員
の質問に答えることにより行うことが定められています。統計調査には必ず答えなければいけないの。基幹統計調査や一般統計調査では。調査票を配られた人や会社がことわっても
いいんですか? 基幹統計調査は特に大切な統計を作るための統計一般統計調査
については何か言ってたかなあ… 一般統計調査には法律的にはそこまでの義務は

国勢調査が「存亡の危機」に。いま。関係者の間で危機感が広がっている。年に度。日本に住むすべての人を
対象に行われる国勢調査。すべての世帯に調査書類が配布され。回答は
パソコンやスマートフォンを使ってインターネットで行うか。調査票に記入して
郵送する。当然。守秘義務がありますから。回答内容を誰かに話すというよう
なことはありえません。ているが。『自分たちも利用して何かが出来る』
という認識が広がれば。調査に協力しようという人も増えるのではないか」「面倒」「無視していい。年に度。日本に住むすべての人を対象に世帯構成や住居の種類。職業などを
聞く「国勢調査」の調査票紙によるの会社名を書いた。勤め先として実際
には勤めていない大企業名を書いたなどをすると。ペナルティーがあるのでしょ
うか。皆さんを対象とした。福祉施策などさまざまな政策に影響が出る可能性
があります」 調査拒否や虚偽報告で罰を受けた例はありますか。

統計法第13条では、国勢調査のような国の重要な統計調査である基幹統計調査について、調査の対象となる個人又は法人その他の団体に対して報告義務を規定しています。また、同法第61条では、「基幹統計調査の報告を拒み、又は虚偽の報告をした者」に対して「50万円以下の罰金に処する」と罰則について規定しています。以上から、回答は拒否できません。でも、現実には毎回一定数の無回答があり、罰則の適用はこれまで一度も行われていません。法律で義務です罰があります。提出しないと督促が入れられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です