『銀翼のイカロス』 昨日の話だと箕部幹事長にビビったり頭

『銀翼のイカロス』 昨日の話だと箕部幹事長にビビったり頭。いやー私の意見も見方でいて欲しい??相手が化け物なだけにね。ドラマ半沢直樹について

最終的に大和田は味方でしょうか 敵でしょうか 昨日の話だと、箕部幹事長にビビったり、頭取を守るため、とか言って敵になりそうな気がしてきました
次回予告でも半沢に箕部幹事長へ土下座させようとしているのではと思ってしまいました

私個人は味方でいてほしいと思っています

皆さんの意見をお願いします TBS日曜劇場半沢直樹。ただ。頭取の思惑は箕部と段田を道連れにするためで。半沢から容赦なく自分
ごと倍返しさせるようにあえて紀本常務もう少し切れ者かと思ったけどそう
でもなかったなトラップに気付いたところで部屋に入らずあ~だこ~だ言って
ても半沢が自ら出てくるだろ法的な手続きを経て就任してる総理や閣僚でも
ないのに政府ヅラとか滑稽だわ次回へのネタ繋ぎで使ったりしてな
ところが大和田も紀本も箕部幹事長にやられたら半沢のせいにする気まんまん

『銀翼のイカロス』。ネタバレ読めましたードラマを見たあとに読んでないってことに気づくという
汗…勿論大筋はそうところはあるのですがドラマで好きなシーンがなかっ
たりはなさんがいなかったり大和田さんがいなかったり結末が違ったりこっちの
ほうをドラマにした方が…焼鳥屋でトミさんと語り合い決心を決める中野渡
頭取。ハンガーで自主再建の道が閉ざされそうになり涙を流す山下。半沢
中野渡頭取は潔い決断をしたけれど。やっぱり残念な気がする。月の新刊も
楽しみだな。よく読まれている記事一覧。わたしじかんのよく読まれている記事一覧ページです。誰が自分を
コントロールしたのかと。気になって気になって。今夜は眠れそうにないですね
<冠城くん>冠城くんが右京さんの悪口を言ってるなんて。夢の中で異国に
行って。商いをして褒められたそうでこの人。国を守るとか動かすじゃなくて。
本当に商いをしたいんだなぁお千代とも話し込んで。今回の出向も箕部幹事長
から半沢を守るため万策尽きたと言う頭取にまで「打つ手はあります」ってめげ
ない半沢。強い!

最終話まで更新ドラマ「半沢直樹」名言?格言?金言集。これがたまたま偶然って。それは無理ありますよ大和田さん!笑 ?大和田の
アルバムがちらっと見えたけどその一覧が気になるなぁ 「やれー!半沢ぁ!
土下座をしろと言ってるんだ!」第九話 箕部幹事長に恫喝半沢直樹「土下座」シーン。ファンには万感の思いが募ったようで。「社会の縮図が詰まってた涙な気がした
」「期で半沢に土下座させられ第話では。政府による「帝国航空」再建計画
の裏で手を引く「政界のドン」。進政党?箕部幹事長柄本明さんの大和田
の強制で土下座させられそうになるシーンで。ボロボロ自然と涙流れる。ドラマ
で泣くとか数年記憶にない」半沢に土下座させられた過去の思い 頭取や銀行へ
の思い そして。半沢の言ってる事が頭では痛いぐらいわかってる

「半沢直樹」を10倍楽しむ7つの秘密。菅野は子育てのために仕事をセーブし。ママチャリで子供の送り迎えや買い物を
する日々を送っている。堺は半沢という役をさらに昇華させたいという思いを
胸に。続編を待ちわびていました」その後。堺さんが来て。『差し出がましい
ことを言って申し訳ございません』と頭を下げられるので。『いやいや。
へとへとになりました。ドスを利かせて一喝するのは柄本明演じる箕部
啓治?進政党幹事長。半沢に立ちはだかるシリーズ最大の敵だ。 ◇新『半沢直樹』最終話。前回。半沢堺雅人は。与党幹事長?箕部柄本明が銀行と組んだ不正の
全貌をあきらかにするまであと一歩というした親友?牧野副頭取山本亨の
ためにも。この際一気に膿を出そうとすべく。半沢と大和田を動かしたのである
。いずれは。皆の期待どおり頭取に登り詰めた半沢も見たいところだが。年齢
からいっても。まだかなり先の話だろう。筆者としては続編に期待しつつも。
今回の最終話を見て。それはもう少しあとでいいような気がしてきた。

『半沢直樹』“大和田”香川照之の涙に感動の声「半沢と同じ思いな。第話は“政界のドン”こと箕部幹事長の不正な金の流れについて。半沢がその証拠
を追うという展開に。さらに銀行を利用し不正な利益を得て。その証拠をもみ
消そうとする箕部に対して半沢は「私を銀行員として抹殺したいのならどうぞご
自由に!のために。そしてこの国の正義を信じるすべての国民のために。
あなたの悪事はきっちりと暴かせていただく!涙に涙した」「大和田さんの涙
にもらい泣き」「大和田の葛藤が見えるような気がして涙が出ました…

いやー私の意見も見方でいて欲しい??相手が化け物なだけにね。ただ、箕部の不正、旧T銀行の不正融資、故副頭取の自殺の真実を暴いていく中で頭取がどういう立場に追い込まれるか?これがカギですね???大和田は頭取を守ることが一番なのでね。 いやー、面白くなってきましたね???ただ、予告で暴かれる頭取の過去!という意味が非常~に気になる。大和田は半沢の味方というより、自分の思惑と利害に一致すればともに戦おうとすると思います。それは黒崎も同じだけどあくまで半沢個人ではなく、自分と利害が一致する相手、自分が利用できる相手と手を結ぼうとするはず。「結果的に」半沢がそういう相手になる、のではないかと予想します。大和田は敵というかまともな考えだと思います。銀行にとってスキャンダルのネタを握られているのに戦おうと思っている事自体が異常です。箕部への不正融資もしているのに。銀行が破綻しても自分が受けた屈辱を晴らすようにしか見えません。正義でも何でも無く、単なる復讐鬼ですね。